東京の水が美味しいのは本当か?

東京など、大都会の水道水は「まずい」
と感じる人が多いですね。

実際、昭和40~50年代の水道水はカビの臭いやカルキ臭で
うまいものではなかったのです。

そんなまずい水道水を知っている世代だけで無く、
若い人たちも水道水をそのまま飲むという習慣はありません。

水道水が本当にまずかった時代を知らない、若い人は
子供の頃からミネラルウォーターなどのペットボトル飲料を飲む習慣があり、水道の蛇口から出る水をそのまま飲むのは抵抗があるのです。

また、子供の頃、喉が渇くと水道の蛇口から直接水を飲んでいたある程度の年代の人の場合、

東日本大震災で東京の水道水に放射能汚染の心配があると
一時大騒ぎになったことがトラウマになっているのです。

あの時はコンビニやスーパーからミネラルウォーターなどのボトル水は皆が一斉に買い占めに走ったために消えてしまいました。

そんな苦い経験から、最近では防災用としても家庭にウォーターサーバーを導入するお宅が増えているのです。

参考になる情報とは-->ウォーターサーバー格安ランキング